愛犬は自分の名前をわかっている!?呼び戻しができないと危険です

「名前を呼ぶトレーニング」

皆さんのわんちゃんは、名前を呼んだら反応してくれますか?愛犬にいろんなことをトレーニングしたとしても、名前を呼んだ時に意識を向けてくれなければ、コマンドの反応も悪くなり、せっかくのトレーニングも台無しになります。そこで今回は、名前で反応するトレーニングをしていきます。

やり方は簡単です。名前を呼び、意識が向いたタイミングに褒め言葉をかけます。名前を呼んで、向いてくれたら「GOOD」と褒めて、おやつをあげます。

名前を呼んで意識が向いた瞬間にご褒美を与える

名前を呼んで意識が向いた瞬間にご褒美を与える

しっかりと飼い主さんに意識が向いたタイミングに褒め言葉をかけます。これを繰り返していきます。最初は飼い主さんの目を見ないかもしれませんが、名前を呼ばれたら、その音の方に反応しただけでも、どんどん褒めてあげてください

全く反応してくれない場合は?

全く意識が向かない、または何回も呼ばないと意識が向かない場合は、名前を呼んだあとに、愛犬が気になることや、動きをつけてみてください。例えば、口でいろんな音を出してみます。どうですか?音が出せなければ、動いてみてください。反応したらすぐに褒めて、ご褒美を与えてます

名前に反応してくれない場合は音を出したり動いて気を引きます

名前に反応してくれない場合は音を出したり動いて気を引きます

このようにトレーニングすることで、名前に対して1回で意識をむけてくれるわんちゃんになります。逆を言うと、意識を向ける必要がない時にどんどん呼び、全く褒めてもらう機会がなければ、名前に反応しなくなります。そうならないためにも、意識を向けてほしい時に呼び、きちんと褒めるようにしましょう。

「首輪を持つトレーニング」呼び戻し

今回は首輪を持つトレーニングをしていきましょう。これは、突然愛犬が引っ張り、ふいにリードを放してしまった時の呼び戻しにもつながるトレー二ングにもなります。ですから、しっかりトレーニングしていきましょう。

まずは、鼻先にご褒美を近づけます。最初は首輪を下から持ち、首輪を持ったタイミングで「GOOD」と言って、ご褒美を与えます。首輪を持っている間は、小さくちぎったご褒美を少しずつ与えましょう。これを繰り返します。次に、愛犬から少し離れて呼び戻しをします。

名前を呼んで近くにきたら優しく首輪をつかみます

名前を呼んで近くにきたら優しく首輪をつかみます

名前を呼んで、近くに来たら、下から首輪を持ち「GOOD」と褒め言葉をかけて、ご褒美を与えましょう。これを、繰り返します。首輪を持っている間、ご褒美を与え続けます。少し距離を長くして、リードをなるべく活用していきます。名前を呼んで、来たら首輪を持ち、ご褒美を与えます。

トレーニングの活用「呼び戻し」

このトレーニングをすることで、とっさの時に呼び戻し、捕まえやすいわんちゃんになっていきます。飼い主さん以外の人にも、首輪を持ってご褒美をもらうことで、首輪を持たれることに慣れ、捕まえやすくなるので実践してみてください。その時、首輪を下から持ってもらったり、上から持ってもらうトレーニングもより効果的でしょう。

呼び戻しのトレーニング首輪を持っている間ご褒美を与え続けます

呼び戻しのトレーニング首輪を持っている間ご褒美を与え続けます

最後にドックラン以外の公共の場所では、決してわざとリードを放してはいけません。今回のトレーニングを外で行う時には、決して手からリードを放さないようにしましょう。まわりの人に迷惑になりますし、自分の愛犬が事故で死んでしまう、そんな悲しいことが起きないようにするには、日頃こらの心がけが大事です。