犬に言葉は通じません!正しいオスワリのしつけ方

犬は言葉が理解できません

今日はお座りの教え方についてお話します。飼い主さんとわんちゃんの共通語のひとつとして、「お座り」を教えておくと、信号待ちや排泄物を処理する時などわんちゃんを少し待たせたい時に便利です。また、興奮を沈めたい時にもお座りは有効です。

わんちゃんに座りを教える時、言葉で「お座り!」と教える方が多いですが、わんちゃんは最初から言葉を理解することができません。わんちゃんに分かりやすく教えるには、順番があります。また、わんちゃんが理解し易いように、短めの褒め言葉を決めておきましょう。きょうは「いい子!」を褒め言葉にします。

ごほうびで誘い座らせる

ごほうびを1つ持ってグーにし、匂いをかがせます。鼻先からゆっくり頭の方に向かって動かします。お尻が床に着いたら、いい子!と言ってごほうびを与えます

おすわりの教え方短くてわかりやすい褒め言葉を使う

おすわりの教え方短くてわかりやすい褒め言葉を使う

お座りの姿勢をキープする

ごほうびを誘う方の手にひとつ、反対の手に2、3粒持ちます。誘う手をグーにして、匂いをかがせ、鼻先から頭の方に向かってゆっくり動かします。

オスワリの教え方おやつを使って誘導する

オスワリの教え方おやつを使って誘導する

お尻が床に着いたら、いい子!と褒めてごほうびを与え、反対の手からもごほうびを与えます。この時反対の手が、上の方にあると上手にお座りの姿勢がキープできます。

おしまいの合図をつける

今日はおしまいの合図をOKにします。ごほうびを誘う手に1粒、反対の手に2、3粒持ちます。誘う手をグーにして、匂いをかがせ鼻先からゆっくり頭の方へ動かします。お尻が床に着いたら、いい子!と褒めてごほうびを与え、反対の手からもごほうびを与えます。

最後はわんちゃんが飼い主さんを見上げたら、OKと言って動きます。わんちゃんの後ろに向かって歩くと、動きやすくなります。次はお座りの合図をつけていきます。
合図は手の合図と、言葉の合図があります。まず、手の合図からつけていきましょう。

手の合図をつける

今日は手の合図を、右手を上げる形にします

オスワリの教え方終わりの合図も教えておくとよい

オスワリの教え方終わりの合図も教えておくとよい

ごほうびを持ったて手で、合図を作ります。反対の手にもごほうびを何粒か持っておきます。その手で、匂いをかがせて座らせます。お尻が床に着いたら、いい子!と褒めてごほうびを与え、反対の手からもごほうびを与えます。最後は飼い主さんを見上げたら、OKで動き出します

言葉の合図をつける

今日は「お座り」を言葉の合図にします。言葉の合図、お座りを一度言います。一呼吸おいてから、手の合図(右手を上げる)を出して座らせます。ごほうびを追加して、見上げたらOKで動かします。これに慣れたら次の合図は、言葉の合図を出して座るのを待ちましょう。こうすることで、「お座り」の言葉の合図だけで座ることができます。

ごほうびの与え方を変える

ごほうびを手で持たずに、手の合図または言葉の合図で座らせます。座ったら、ポケットから別の場所から与えてみましょう。ごほうびを与える回数も、毎回ではなく3回に1回、5回に1回など変化をつけていきましょう

オスワリの教え方手の合図と言葉の合図を教える

オスワリの教え方手の合図と言葉の合図を教える

また、ごほうびは食べ物だけでなく、日常生活でわんちゃんがしてほしい事、例えばお散歩や抱っこ、なでるなどこのような物に変えていくと、食べ物がなくてもお座りをしてくれるようになります

お座りを教えたら、さらに「マッテ」も教えましょう。お座りや待ってを教えると、玄関の飛び出しや、散歩中、排泄物を拾う時、車の乗り降りなど、わんちゃんの安全を守る時にとても便利になります。