年齢なんて関係ない!今からできるおやつを使わないしつけ方

おやつを使わないしつけ

わんちゃんのしつけとは、オスワリやお手を教えるだけではありません。しつけとは人間と犬が楽しく暮らすための方法を、わんちゃんに教えることです。そこで今回は、今からでも間に合う3つのしつけを紹介します。そして、おやつを使わないトレーニングです。

飼い主の元に呼ぶ訓練(オイデ)

まずは遊びながら「おいで」を行っていきましょう。いきなり基礎しつけで「おすわり」とか「待て」からやっても、犬はやる気が起きません。なので、楽しくしつけをできる意味も込めまして、最初は遊びながら「おいで」を行います

おやつを使わないしつけ ご褒美はたくさん褒めてあげること

おやつを使わないしつけ ご褒美はたくさん褒めてあげること

ポイントは、「おいで」で愛犬が飼い主の所に戻ってくる行動を見せた時、完全に戻ってくるまで褒め続ける。それがご褒美です。心の栄養になりますので、沢山褒めてあげてください。飼い主の元に呼ぶ訓練は、普段から「おいで」の命令に従うと、褒められるというご褒美をもらえることを習慣づける事が大切。このしつけは、失踪や交通事故を防ぐなど命を守るために必要なしつけとなります。

指示(コマンド)は動作と言葉の両方で出す

動作の命令は手の信号と、言葉の信号の指示を同時に行うようにしましょう。犬は高齢になると耳が聞こえにくくなったり、目が見えなくなることがあるかもしれません。ですから両方の指示を聞けるようにすることが大切なのです。

よく飼い主様の方から家の子は全然言う事を聞きません、という事をお伺いします。それは「NO」という言葉を愛犬に対して教えないからです。ですから基礎のしつけの中で、NOという言葉も同時に覚えていきましょう

愛犬に指示を出す時は言葉のサインと動作のサイン両方出す

愛犬に指示を出す時は言葉のサインと動作のサイン両方出す

飼い主の指示に従わせるために、NOを教えながら動作の命令を実践してみましょう。まずはおすわりの手信号と言葉で命令。しかし、おすわりをしなかったら、必ずNOと声をかけてあげてください。そして、再びおすわりの命令。指示に従わない時は飼い主が足を近づけながら再びNOとダメ出しをします。そうすると飼い主さんにもっと注意を払うようになります

おやつを使わないしつけ NOを教えておくと便利

おやつを使わないしつけ NOを教えておくと便利

おすわりができたら、愛犬の周りをまわりながら次の指示まで、おすわりの態勢をキープさせます。動いたらNOとダメ出し再び「おすわり」の命令をしながら、愛犬が飼い主に注意を払うように訓練しましょう。あとは、愛犬が飽きない程度に集中して訓練を繰り返してください。うまくできたら、沢山褒めてあげてください。

指示に従わせるポイント

飼い主の指示に従わせるポイントは、手の信号と言葉の指示を同時に行い、命令に従わない時はNOとはっきりダメ出しする!散歩の際の道路の飛び出しや、人へ向かっての走り出しを静止させることなど、行動を管理する絶対必要なしつけです