犬と同じスピードで歩けていますか?散歩がもっと楽しくなる方法

犬のペースで歩くのは危険です

犬がグイグイ飼主さんを引っ張っている姿を、よく見かけます。これは、犬にに歩く方向を決めさせている状態です。急な飛び出しなどの危険もあります。犬の身体に負担もかかっています。子犬のうちからトレーニングすることがベストですが、成犬になってもトレーニングは可能です。一貫した態度で根気よくトレーニングしていきましょう。

散歩は犬のペースで歩くと飛び出しなどの危険があります

散歩は犬のペースで歩くと飛び出しなどの危険があります

ご褒美(おやつ)を持ちます。ご褒美は小さくて犬の好きな物にしましょう。歩きながら飼主さんの横で歩けているときにご褒美をあげます。飼主さんの方を見上げてアイコンタクトがとれたときは、褒めながら歩きます。最初のうちは、少しでも横で歩けていたらご褒美をあげます。ご褒美をあげるときは、犬が左側を歩いているときです。右だったり、左だったり変えないよう統一しましょう。

散歩の基本飼い主さんの横を歩くご褒美は左側であげると統一

散歩の基本飼い主さんの横を歩くご褒美は左側であげると統一

散歩中に他の犬と出会ったり、匂いを嗅いだり、排泄をしたりすると、集中が途切れてしまいます。一旦仕切り直して散歩を再開します。犬が飼い主さんより先に歩きだしたり、リードがピント張ったときは、反対方向へ歩きだします。また横をちゃんと歩けていたら、ご褒美をあげます。時々歩くスピードを変化させてみましょう。犬の行動をよく観察しながら、できていたらちゃんと褒めてあげます。また、リードがピンと張ったら、反対方向へ歩きだします。これを根気よく繰り返します。

散歩の途中で引っ張られたら方向を変えます

散歩の途中で引っ張られたら方向を変えます

同じペースで歩いてくれない場合

反対方向へ歩いても戻らない、また先に出てしまう場合は、飼主さんが止って動かないようにしてくださいどうすれば、進めるか考えるようになります。これを繰り返しトレーニングすることで、飼主さんに指示を仰ぐようになり、同じペースで歩くことができます。

一貫した態度で続けることがポイントです

慣れてきたら、リードを外してトレーニングしてもいいです。周囲の環境がよく、迷惑のかからない場所にします。細心の注意の払い行いましょう。やり方は同じです。飼い主さんの横でちゃんと歩けていたら、ご褒美をあげます。時々小走りしてみてもいいです。飼主さんより先に出てしまったら、方向を変えます。もし戻らないようだったらリード着用でのトレーニングに戻ります

散歩の基本横で歩くことができるようになったらノーリードにチャレンジ

散歩の基本横で歩くことができるようになったらノーリードにチャレンジ

最初は頻繁にご褒美をあげるくらいがいいです。最終的には飼い主さんの隣にいることが楽しいと理解できるようになるので、ご褒美がなくても一緒に歩くことができます。