子犬の食糞をなくす3つのポイント

子犬の食糞は自然なことなので慌てず適切に対応しよう

今日は子犬の食糞についてお話します。子犬の食糞はわんちゃんにとって、ごく自然な行動です。慌てす適切に対応することが大切です。

食糞をなくすには、3つのポイントがあります

  1. 速やかに片付けること
  2. 退屈させないこと
  3. 排泄をコントロールすること

慌てず速やかに片付けること

子犬は目の前にある物をなんでもくわえますので、うんちをしたらすぐに片付けるようにしましょう。そのためにはトイレの場所が、飼い主さんからすぐ見えるところに置いておくことが大切です。そして、わんちゃんにとって、うんちよりも魅力的な食べ物をトイレの近くに置いておきます。わんちゃんがうんちをしたら、そのごほうびで誘ってトイレから出します。わんちゃんがごほうびを食べている間に、飼い主さんはゆっくり片付けてください。

この時に、焦って片付けようとするとわんちゃんが自分の物を取られると思って、食糞をしようとしたり、うなったりすることがあります。落ち着いて対応することが大切です。また、もし間に合わず食糞してしまっても、「あー!」とリアクションすることはやめましょう。飼い主さんがリアクションしてしまうと、わんちゃんはうんちを食べると飼い主さんがかまってくれると思い、食糞が多くなる可能性があるからです。

子犬の食糞は慌てずに速やかに対応しましょう

子犬の食糞は慌てずに速やかに対応しましょう

犬に退屈をさせないこと

子犬は退屈になると、うんちを食べることがあります。散歩や遊びを十分にして、退屈させないようにしましょう。留守にする時や、飼い主さんが見ていられない場合は、退屈しのぎになるような、ガムやおもちゃを与えるようにしてください。

犬の排泄をコントロールすること

食糞は基本的に片付けることが大切です。食糞が習慣になっている場合は、運動や食事の時間帯を変えて、飼い主さんが見ている時に排泄するように、生活スタイルを変えてみましょう。また、うんちの量はドックフードによっても変わります。フードの種類を変えて、うんちの量を減らすのもひとつの方法です

食糞をなくす3つのポイントを行っても、食糞が改善されない場合は体に問題がある可能性があります。体内に寄生虫がいたり、消化不良を起こしている可能性もありますので、一度診察を受けるようにしてください。