【災害時も役立つ!】子犬のクレートトレーニングのコツ

クレートは犬の落ち着ける空間にしてあげよう

  • 子犬のトイレトレーニング
  • 移動時
  • 災害時
  • 来客時
    いつどんな時でも入れるようにしておきましょう

クレートトレーニングのクレートを買う目安は

  1. 4つ足できちんと立てる
  2. 1周まわって伏せることができる
  3. 大きすぎても小さすぎてもダメ

クレートには扉がついていて、閉めたりして使用しますが、買ったばかりの時は、クレートのフタを開けたままにしておきます。この中はとても素晴らしくて、いいことがあると教えていきます。最初のうちは自分から入っていくように、トリーツ(おやつ)を中に投げ入れます。「ハウス」など、コマンドをつけてあげてもよいです。クレートから出る時も「リリース」などコマンドをつけて、トリーツをあげましょう。クレートの中に自分から入って、出てきてを繰り返して、クレートの中に入るのが当たり前というようにしていきます。

パピーのクレートトレーニング楽しい場所にしてあげよう

パピーのクレートトレーニング楽しい場所にしてあげよう

クレートの中に少し長く居てほしいので、犬がクレートの中にいる間に、続けてトリーツを与えます。しばらくクレートに居たら「リリース」などのコマンドで出しましょう。クレートの中に留まりたくなるように、パピーの頭の中に植え付けていきます。

子犬のクレートトレーニングのポイント

  • クレート内は自分から探索!
  • クレート内はスペシャルな場所にしてしまおう
  • 最初から長く閉じ込めない
  • 罰として使わない

次は扉を閉めた状態で行います。扉を開けて、自分から入るのを待って、トリーツを与えます。しばらく経って、リリースと声掛けし出します。この時コング(おやつが入るおもちゃ)を使います。

パピーのクレートトレーニング長くいてもらうにはコングが効果的

パピーのクレートトレーニング長くいてもらうにはコングが効果的

ハウスと声掛けし、クレートの中に入ったら、コングも入れて扉を閉めます。コングに興味を持っているので、フタが閉められても中で楽しく過ごすことができます。はじめのうちは、犬が楽しんでいる間に扉を開けましょう。コングで遊んでいるうちは、扉が開いていてもクレートの中が楽しいと出てきません。クレートの中が大好きになります。最後はコングのおやつを出して、リリースでクレートから出します。

子犬のクレートトレーニングまとめ

クレートの意味を理解すると、犬はクレートが大好きになります。落ち着きたい時、眠りたい時、自分から入っていくでしょう。ENJOY TRAINING!