犬の噛む力を知っていますか?噛み癖を治す効果的な方法

子犬のうちに噛み癖を治しておかないと危険

キャッシーサントです。今日は子犬が物を噛む危険性、正しい遊び方、噛み癖をなくす方法についてお話します。子犬があなたの手を噛んだり、手に飛びついたりするのは可愛いものでもあります。あなたの子犬は、一緒に産まれた他の子犬とだけ過ごしてきて、噛みつきあって遊ぶのが自然だったため、あたなと遊ぶ事も同じだと考えるのは当然理解できます。ところが、子犬の歯が成長し体が強くなると、かわいい噛みつきが不快になったり、乱暴にじゃれたり、噛みついたりすることが危険にさえなります。

噛むことは良くない遊びですから、あなたの手ではなく、おもちゃで遊ぶ方法を教えましょう。遊ぶことはあなたと子犬の絆を強くする、健康で自然な行為です。これは子犬のトレーニングにも関わります。つまり座っていること、待っていること、または芸を覚えたり、リードを引っ張らないこと。それから噛みつくのを辞めさせることもそうです。

子犬の甘噛はおもちゃを使ってストレス発散

子犬の甘噛はおもちゃを使ってストレス発散

子犬に噛み具合を理解させてあげる

子犬に噛まないことを教える前に、噛む強さを抑えることを教えましょう。あなたの手をくわえさせたり、かじらせたりします。強く噛んだ時は、「痛い!」と叫ぶと、驚いて少しの間噛むのをやめます。
子犬にずっと手をくわえさせながら、強く噛み過ぎた時は、痛いと叫ぶことを繰り返すと、子犬はどの程度までが許されるのかを学ぶことができます。噛み具合を理解できたら、噛ませることを減らしていきます。

子犬の噛まないことを教えるには、おもちゃや噛むための骨を与えます。子犬にしっかりと「ダメ!」と言い、噛んでる物を、噛んで良い物に取り替えます。子犬が生後3ヶ月から6ヶ月だったら、歯がはえてくる時期かもしれません。そのため噛むことによって、不快感を無くそうとしている可能性もあります
角氷を与えて噛ませてみてください。歯茎の感覚が無くなり、痛みを抑えられます。

子犬の甘噛みを治す方法は噛む強さをまず教えてあげる

子犬の甘噛みを治す方法は噛む強さをまず教えてあげる

噛んでいいおもちゃでストレス発散

子犬の甘噛をやめさせるために、友達である私に怪我をさせたように、大げさに振る舞うのです。手を離して痛いと叫び、飼い主さんは遊ぶのをやめて怪我をしたように振る舞います。つまり子犬が、痛みを与えるようなことをした場合に、他の遊び仲間がするであろうという行動を真似しているわけです。

子犬の噛み癖を対処することは、飼い主にとって大きなチャレンジです。子犬が噛んだりするのは、最初は少しばかり楽しいですが、それがずっと続く問題にならないように、すぐに対処する必要があります。犬のトレーニングは愛情と信頼に基づく良好な関係に左右されます。パートナー関係を作りあげるには時間がかかるのです。最初から辛抱強く、時間をかければかけるほど従順になります。犬は人を喜ばせたいのです。今日のお話が役立つことを願っています。