子犬のトイレトレーニング最適な時期と方法とは?

子犬のサークル出し入れは必ず「扉」から行う

こんにちは。ドッグトレーナーの斎藤です。今日は初めてショップさんから、子犬を家に連れてこられて、トイレのしつけをするためのアドバイスをしたいと思ます。生後3ヶ月までにできるようにしておきましょう。まず最初に用意するのは、その犬種に必要なサイズのサークルを用意します。中は寝心地のいいベッドとシーツを挟んだトイレトレーをセットします。実際、子犬をつかってレクチャーしていきたいと思います。

ちょっと待ってください!サークルの上から入れるのはよくないので、扉の方から入れますね。子犬のうちから上から出し入れすると、わんちゃんの注目が常に上に向くようになります。将来的に飛び跳ねて上から飛び出してしまう、もしくはそれに伴って靭帯をのばしてしまう危険性がありますので、上からの出し入れは危険防止のため避けたほうがいいです

子犬のトイレトレーニング、サークルの出し入れは扉から行う

子犬のトイレトレーニング、サークルの出し入れは扉から行う

トイレのタイミングを知り誘導してあげる

次は子犬を誘導していきます。名前を呼んであげます。赤ちゃんの時は寝て起きてすぐ、もしくは遊んだあと、そのタイミングでトイレをしやすいです。まず、トイレに誘導してトレーの方でかまってあげます。ベッドの方に行ってしまったら、またトイレに誘導します。

時々、赤ちゃんなので間違ってベッドの方でおしっこをしてしまう場合があると思います。そういった場合にしかってしまう方もいらっしゃると思うのですが、子犬にとっては理解できなくていい事にはなりません。間違っておしっこをしてしまった場合でも、注意やしかる必要はありません。できるだけトイレトレーの方でできた時に、褒めてあげるというやり方をおすすめします。

子犬のトイレトレーニングまずはトイレに誘導して落ち着かせる

子犬のトイレトレーニングまずはトイレに誘導して落ち着かせる

子犬は失敗を理解できないので叱らないで!

もう少し触って興奮したら、落ち着くように触ってあげましょう。ゆっくり優しく触ります。一回離して様子をみてみましょうか。ベッドの方に行ってしまったら、もう一回トイレに誘導してみましょう。最初のうちは根気よく続けてみてください。もう一度名前を呼んでみます。

子犬のトイレトレーニング失敗を叱るよりできた時にたくさん褒めてあげよう

子犬のトイレトレーニング失敗を叱るよりできた時にたくさん褒めてあげよう

上手にできました!子犬のうちはベッドからトイレの方に空間が変わった感じがするんですね。ベッドのほうではなくて、トイレですることができた時、飼い主さんから優しく褒めてもらうというのが動機づけになります。わんちゃんの習性なのですね。よくできました!たくさん褒めてあげましょう。