犬のしつけ 伏せの活用ドッグカフェで大人しくしている方法

愛犬がドッグカフェで良い子にしているポイント

今日は伏せの活用法についてお話します。ドックカフェや旅行の宿泊先など、最近はわんちゃんも一緒に入れるレストランが増えてきました。このような場面では少し長い時間、飼い主さんの足元で落ち着いて待つということが求められています。飼い主さんの足元で落ち着いて伏せて待つということを教えておくととても便利です。

まずワンちゃん用のマットを準備します。マットがあると、わんちゃんがどこで落ち着いて待てばいいのか、わかりやすくなります。首輪または胴輪にリードをつけておいて、ご褒美も準備しておきましょう。

まずリードを踏んで、伏せるのを待ちます。飼い主さんは椅子に腰掛けて、リードはわんちゃんが立ち上がれる程度の長さにして踏んでおきます。わんちゃんが自ら伏せるのを待ちましょう。伏せたら褒めてご褒美を、床の近くで与えます。わんちゃんの前足の間に置くと、伏せの態勢を維持しやすくなります

犬のしつけ伏せの活用法ドッグカフェで大人しくしている方法

犬のしつけ伏せの活用法ドッグカフェで大人しくしている方法

おやつを上手に使ってトレーニング

カフェではじっと見ていることはありませんので、視界の端にわんちゃんが見える程度にしましょう。窓の外を見たり、違う方向も見るようにしてください。わんちゃんが立ち上がってしまっても、気にしないで待ちましょう。次は飼い主さんが座ったら、自発的に落ち着くように教えます。まず飼い主さんが座って、わんちゃんの動きが止まっていたらご褒美を与えます。座ったり伏せなくても、立っている状態で動きが止まっていたら与えてください

犬のしつけ伏せのトレーニング伏せの態勢を取りやすい位置におやつを置く

犬のしつけ伏せのトレーニング伏せの態勢を取りやすい位置におやつを置く

次はリードを踏まずに、伏せるのを待ちます。伏せたらご褒美を与えて、心の中で10秒数えます。10秒数え終わったら、もうひとつの椅子へ移動します。視線は合わせずに、視界に入ってくる位にしておきましょう。マットに伏せることができていたら、マットは使わずに行ってみましょう。

犬のしつけ伏せの活用法ドッグカフェで大人しくしている方法

犬のしつけ伏せの活用法ドッグカフェで大人しくしている方法

最後はご褒美の頻度を減らしていきます。飼い主さんが座ったら、落ちつて伏せて待つことに慣れたら、ご褒美を減らします。最初は1分に3回与えていたとしたら、そのうちの2回は言葉で褒めたり、視線を送ってうなずくようにしていきます。こうすることで、ご褒美待ちのギラギラした状態から、落ち着いて待つことを教えていきます

この練習はお散歩の帰りなど、程よく疲れた時に行うと早く落ちついてくれます。
最初は短い時間から少しずつ延ばしていきましょう。