【簡単】愛犬とマズルコントロール!

マズルコントロールの目的とは?

今回はマズルコントロールになります。マズルコントロールの目的は

  1. 愛犬を落ち着かせるために行う
  2. リーダーシップを示す行動として行う

これを行うことにより、飼い主さんのリーダー性を示すとともに、犬を扱うことに対して少しずつ慣れていただきます。今回のポイントは、わんちゃんにマズルをコントロールさせることに慣れさせます。そして、あくまで自然な形で行いましょう。強制的ではなく、自然な形でこのトレーニングを行うことが大切なんです。

マズルコントロールでいいリーダーになる

まず、マズルとはどこか?ということなんですが、マズルとはわんちゃんの鼻先のことをいいます。犬は昔から相手を落ち着かせる意味や支配的行動で、相手の鼻をくわえる行動をとっています。ご家庭でもこの行動を、リーダーである飼主さんがわんちゃんに対して行ってあげましょう!ということになります。

マズルコントロールの方法まずは1本の指から

マズルコントロールの方法まずは1本の指から

方法は簡単です。今からご説明しながら行いますので、みなさんもどうぞやってみてください。まず愛犬を側に招き、その際に最初は人差し指1本で構いません、そっとわんちゃんの鼻先に乗せます。嫌がって手を出すこともありますが、ゆっくりと乗せてみます。なでながらでも結構です。ゆっくりと行います。そして、これに少し我慢して動かないでくれれば、しっかりと褒めてあげます。おやつをあげていただいても結構です。

マズルコントロールの方法徐々に乗せる指を増やしていきます

マズルコントロールの方法徐々に乗せる指を増やしてきます

これで成功なんです。そして、徐々に慣れてくれば、乗せる指を1本ずつ増やしていって、最終的に手全体でわんちゃんのマズルをつかめるようになれば、成功です。まず、1本目で嫌がらなければ、増やしていきます。嫌がるようでしたら、本数を減らしてトライします。できたら、褒めてあげましょう。

これは1日で修得するものではありませんので、週ごとに1本ずつ増やすと決めても構いませんし、数日で増やしてみても構いません。とにかく慣れたら次のスッテプにすすむようにし、最終的に手全体でわんちゃんの鼻先をつかめるようになることが大事なんです。

マズルコントロールの方法飼主さんのリーダー性を示せます

マズルコントロールの方法飼主さんのリーダー性を示せます

ここまでできたら、あとはマズルをつかんだまま、ゆっくりと上、下、左、右と顔を動かし、コントロールしましょう。ちゃんと嫌がらずに従えれば、褒めてあげましょう。おやつをあげていただいても結構です。これで、わんちゃんにリーダー的行動が示せたはずです。いかがでしたか?

マズルコントロールのポイント

強引にやらないこと、嫌がっているのに行ってしまうと、かえってよくありません。少し嫌がっているようであれば、そのまま慣れさせるまで、ゆっくりとおこなってあげることが大事です。嫌がらない程度に最初は優しく、ゆっくりやってあげると、きっとうまくいくと思います。この訓練も毎日少しずつで構いません。続けて行うことが、トレーニングの成功の秘訣になりますので、是非試してみてください。