愛犬にお手を教えておくとメリットがたくさん!

ご褒美(おやつ)を使って前足が手にのる行動を引き出す

今日は、わんちゃんにお手を教える方法をお話します。お手はかわいい一発芸はもちろん、足拭きにも活用することができます。お手を教える時は、座る姿勢を維持しておくことが必要になりますので、まずお座りを教えておくと便利です。わんちゃんにわかりやすく教えるために、短い褒め言葉を決めておきましょう。

きょうは「いい子」を褒め言葉にします。まず、前足が手にのる行動をひきだします。お座りができるようになったら、ご褒美になる食べ物をひとつぶ持って、グーにします。その手をわんちゃんの前足の付け根の少し上に差し出します。わんちゃんがグーの手をこじ開けようと、前足を乗せた瞬間にいい子!と褒めてグーの手をパーにして、ご褒美を与えます。この時、手の位置が高すぎたり、低すぎたり横にずれたりしないようにしましょう。

犬のしつけおやつを使ってお手を教える

犬のしつけおやつを使ってお手を教える

ご褒美をあげるタイミングを変えていく

次は手の形を変えていきます。先程の動きが毎回でるようになったら、小さいご褒美を手のひらにのせて、親指で押さえます。先程と同じ位置に差し出して、わんちゃんが前足を乗せたら、いい子!と褒めて、ご褒美を与えます。次は、ご褒美を切り離していきます。先程、手にはご褒美を持たずに反対の手に持って隠します。手のひらを差し出して、わんちゃんが前足を乗せたら、いい子!と褒めて、反対の手からご褒美を与えます。

犬のしつけおやつを使ってお手の行動を誘導させる

犬のしつけおやつを使ってお手の行動を誘導させる

最後は言葉の合図をつけていきます。手を差し出す前に、一度だけ「お手」とハッキリと言います。一呼吸おいてから、手を差し出します。わんちゃんが前足を乗せたら、いい子!と褒めて反対の手からご褒美を与えます。これに慣れたら、ご褒美を毎回ではなく、2回に1回、3回に1回というように、時々与えるように変えていくと、お手をしっかり覚えてくれます。

犬の足先は敏感なので無理せず優しく

お手をしっかり覚えたところで、反対の手を乗せるおかわりにチャレンジしてみましょう。お手、おかわり、を覚えたら、足拭きにも活用することができます。小さいハンドタオルを手にのせて、わんちゃんがお手をしたら、優しく足を拭きます。最初は気になるようであれば、拭いている間にご褒美をあげるようにしてください。わんちゃんにとって、足先はとても敏感な部分ですので、ご褒美をあげながら慣れさせることが大切です。