犬がハウスに入りたがる!?効果的なクレートトレーニング

災害時にも役立つクレートトレーニング

私達の教室で必ず取り入れているのが、クレートトレーニングです。私達がクレートと呼ぶものはキャリータイプのものです。クレートは移動の時だけに使うのではなく、自分が安心して落ち着けるお部屋になるように教えてあげてください。そして、災害時にはこのクレートが非常に役立ちます。万が一の時に備えて、頭数分は用意しておきましょう。

クレートトレーニングの目標

  1. いつでもどこでも入る
  2. 中にいる時はおとなしく
  3. 誰でも入れられる

そして成功のキーワードはクレートの中を大好きにさせてあげる!今回私達の教室では、クレーとトレーニングする際にリッチェルさんのキャンピングキャリーを使用します。それでは実際に教室で実践しているクレートトレーニングを行ってみましょう。

STEP1 クレートの中に誘導してみよう

まずはじめに、ご褒美を犬の鼻先につけて「ハウス」の号令をかけてから、クレートの中に投げ入れます。クレートの中に誘導してあげましょう。クレートに入らない場合のポイントは、試しに入り口や手前にご褒美を置いてみましょう。食べたら徐々に中に入れていきます。それでも入らなければ、クレート上部を外してやってみましょう

クレートトレーニングはまずおやつを使って誘導してあげる

クレートトレーニングはまずおやつを使って誘導してあげる

クレートの中に入るようになったら、中にいる時にご褒美を与え、沢山褒めてあげましょう。その際、犬が中で回転して、頭をこちらに向けたら、褒めてご褒美を入り口付近であげましょう。

クレートトレーニングの注意点

  • お尻など押して無理矢理押し込んではいけません
  • クレートの中に閉じ込める
    クレートが怖いモノだと思い、トレーニングを順調に進めることができません。

STEP2 犬がクレートに自発的に入るトレーニング

次のステップは犬が自発的にクレートに入る練習です。あえてご褒美を見せてから、「ハウス」の号令と手の誘導もなしに、犬にどのようにしたらご褒美をもらえるか考えさせる練習です。それでは実際にやってみましょう。

クレートトレーニングどうすればご褒美がもらえるか犬に考えさせる

クレートトレーニングどうすればご褒美がもらえるか犬に考えさせる

犬が自発的にクレートに入ったら、ちゃんと褒めてからご褒美をあげましょう。もし、クレートに自発的に入ってくれない時やご褒美が欲しくて、オスワリやフセなどしている時は、前のステップに戻ってクレートの中に誘導してみてから、再チャレンジしてみてください。

STEP3 クレートの扉を閉めてみよう

このステップでは今まで外していた扉をクレートにつけて、扉が閉まることに慣れる練習です。そこで、クレートの中に長くいてくれるために、スペシャルアイテムを紹介します。ビジーバディー(アメリカで開発された、知育と遊びをかねた知遊玩具)

クレートトレーニング中に長くいてもらうようにおもちゃを使います

クレートトレーニング中に長くいてもらうようにおもちゃを使います

それではおもちゃで遊ばせてみましょう。クレートの中に入ったら、褒めておもちゃをあげてください。夢中になっている間に扉を閉めて、そのまま遊んでいたら褒めてあげましょう

クレートトレーニングの注意点

  • 長時間閉じ込めない
  • 扉をつけて入らなくなったら、また最初から練習!

ここまでがクレートトレーニングの基本になります。