犬のトイレトレーニング 失敗しないコツは褒め方とタイミング!

犬の習性を理解してトイレの環境設定をする

今日はリッチェルさんの掲げる4つの要素、移・食・住・遊の中から住まいの「住」に必要なトレーニングの基本をご紹介します。まず最初にご紹介するのが、トイレトレーニングです。トイレに関する相談はとても多く寄せられています。

犬は元々自分の寝床では排泄をしない、自分の寝床より遠くで排泄をしたい、1か所で排泄をしないなどの習性を持ち合わせています。犬がどこでどのタイミングでどのくらいの頻度で、排泄をするかを知っておいてあげる事がトイレを上手にさせてあげるコツだと思います。

トイレトレーニングの目標

  1. 犬が決まった場所で排泄できる
  2. 買い主のタイミングで排泄

そして成功のキーワードは叱らずに上手に褒めてあげる!そのためには使うトイレの選び方も、とても重要になります。今回はしつけステップ壁付きトイレを使います。なぜこのトイレがいいかというと、壁があることでトイレの外に身体や足がはみ出さない、メッシュがあるので犬のイタズラを防止できる。シーツの交換がらくらく。成長してイタズラしなくなったら、メッシュを取り外して使用できる。それでは実際にトイレトレーニングをやってみましょう。

犬のトイレトレーニング サイズやデザインも重要

犬のトイレトレーニング サイズやデザインも重要

トイレトレーニングのポイント

STEP1 トイレの環境設定

2つのポイントに注意してください。1つ目はトイレは寝床から離れたところに置いて、人の動線、ドアの付近などの安心できない場所には置かない。2つ目はトイレの大きさに注意します。中で最低でも1回転くらいできる大きさが必要でしょう。成長を考え、子犬の時は多少大きくてもOK

STEP2 トイレのタイミングと上手な褒め方

まず約束です。トイレの時は絶対に叱ったりしないでください!ひどく叱られて、隠れてするようになってしまったり、また勘違いしてしまい、もっと失敗してしまう可能性があります。トイレのタイミングとポイントは、運動したあとや遊んだあと、起きた時、お水やご飯を食べたあと特に子犬は膀胱も小さく排尿回数が多く、遊んでいる時にも頻繁にします。今のうちにしっかりトイレトレーンングをしましょう。

犬のトイレトレーニング 叱るよりできた時にちゃんと褒めてあげよう

犬のトイレトレーニング 叱るよりできた時にちゃんと褒めてあげよう

例えば、お水を飲んだあと、トイレに連れて行ってあげます。最初のうちは抱っこして連れていってもOK。トイレの間はかけ声をかけてあげましょう。(ワンツー、ワンツーなど)コマンド(号令)として理解できるように、トイレが終わるまでかけ続けます。成功したらしっかり褒めてあげましょう。犬が怖がったり、驚いたりしないよに注意が必要です。「いい子!」や「GOOD!」など、褒める言葉をかけながらフードやおやつなどのご褒美をあげて、成功した喜びをしっかり感じさせてあげましょう

トイレを失敗した時の注意点

犬のトイレトレーニング犬は言葉を理解できないので絶対に叱らない

犬のトイレトレーニング犬は言葉を理解できないので絶対に叱らない

トイレを粗相してしまった時は、飼い主さんのリアクションに注意しましょう。犬にとって楽しいと感じる雰囲気を作ってはいけません。成功した時より、失敗した時のほうが「楽しい」と感じてしまうと、トイレはなかなか上達しません。あと、「ダメ!」とか「コラ!」など言っても犬には意味がわからなくて逆に褒められていると勘違いしてしまいます。犬のとって一番つらいのは、相手にされないことです。だから粗相してしまったら、完全に犬を無視して片付けましょう

ここまでがトイレトレーニングの基本になります。このように犬の習性、トイレのタイミング、上手に褒めて行動を強化することが、トイレトレーニングのポイントです!そして忘れてはいけないのが、適正な道具選びです。