【重要】子犬のしつけに最適な時期と方法について!

子犬は生後7週間で多くのことを学ぶ

今日は子犬のしつけについて、お話します。しつけは飼い主にとっても子犬にとっても、とてもいいことです。このビデオは基本的な「オスワリ」「フセ」「マテ」といった基本的な命令についてお話します。

子犬は楽しく遊びながら訓練すれば、生後わずか7週間でも多くのことを学びます。良好な関係をつくり、今後の多くの問題を防ぐために、子犬が落ち着いて数日たったらトレーニングを始めます。友情と信頼に基づく関係により子犬は飼い主に褒めてもらい、認めてもらおうと、一所懸命になります

子犬のしつけ 名前を認識しないと言うこを聞いてくれません

子犬のしつけ 名前を認識しないと言うこを聞いてくれません

子犬に名前を認識させる

言葉で命令する前に、名前を呼んで注意をひきます。次に命令は短い言葉で。例えば「マテ」「オスワリ」「コイ」「ツケ」などです。子犬は自分の名前を覚えるまで、命令に反応しません。イライラしないでください。子犬に自分の名前を早く覚えさせる方法は、あなたの方を見るたびに、ご褒美をあげることです

トレーニングは空腹時や退屈した時に行います。満たされている時には飼い主が命令しても、それほどやる気を出しません。例えば、食事のすぐ前にトレーニングすると、食事とトレーニングのご褒美を関連づけることができ、トレーニングで使うおやつにもっと興味を示します。

子犬のしつけは叱らないで褒めよう

やる気を出させ行動を促すために、否定的な方法を使ってはいけません。おもちゃやフードをあげたり褒めたりして、望ましい振る舞いを促します。そうすると子犬は喜んで従うようになります。どのご褒美を喜ぶかは、犬のよって違いテニスボールが世界で一番大切と思う犬もいれば、ボールには興味を示さないけれど、おやつのために何でも言うことをきくという犬もいます。

子犬のしつけ 体罰は絶対にしないで!

子犬のしつけ 体罰は絶対にしないで!

子犬には絶対に体罰を与えないでください。精神的にも身体的にも傷つけることがあります。また、罰を与えるために犬を呼ばないで下さい。これを行うと、命令しても犬があなたの所に来なくなります。犬は人間の感情を感じ取るため、飼い主であるあなたが落ち着き、自信をもちます。イライラした声にならないように気をつけて、もしイライラしらた休憩してください。

子犬はこれを感じ、トレーニングとあなたの不機嫌な気分を関連づけます。ほとんどの子犬は学ぶことを楽しみますが、集中力が長く続きません。トレーニングは短く頻繁に行うことで、子犬が飽きること避けられます。10分〜15分のトレーニングを1日に2〜3回行うのが適しています。

オスワリのトレーニング

子犬のしつけ オスワリのトレーニング

子犬のしつけ オスワリのトレーニング

子犬はリードにつなぎ、あなたは地面に座ってリードを足で押さえておきます。そうすることで、子犬は勝手に遊び回れません。手にご褒美をつかんで、子犬の頭上に高くあげます。子犬はご褒美を見上げます。もう一方の手で子犬をそっとオスワリの位置に導きます。ご褒美を持った手を子犬の頭上にあげたまま、はっきりした調子で「オスワリ」と言います。子犬が座ったらご褒美をあげて、声に出して褒めます。

フセのトレーニング

子犬を座らせます。あなたがご褒美を持っていることを見せますが、まだあげないでください。子犬の顔を地面に近づけるために、ご褒美を持った手をゆっくりと下げます。それに従い始めたら、「フセ」と言います。完全にに地面に着いたら、ご褒美をあげます。フセと繰り返し言い、正しい振る舞いを褒めます。

子犬のしつけ フセのトレーニングおやつを下にさげでいきます

子犬のしつけ フセのトレーニングおやつを下にさげでいきます

マテのトレーニング

子犬を座らせ、あなたがご褒美を持っていることを見せますが、まだあげないでください。子犬の真正面に立ち、開いた手を上げてしっかりと「マテ」と言います。そうすると子犬は、自分の学んでいる動作と開いた手を関連づけることができます。時々マテと言いながら、子犬から少しづつ離れます。最初は数秒から始めて、少しづつ長い動作にうつしてきます。そして、子犬が命令に従ったら、子犬の所へ戻っていきご褒美をあげます。

子犬のしつけ マテのトレーニング手の動作とご褒美を結びつけれらるようにトレーニング

子犬のしつけ マテのトレーニング手の動作とご褒美を結びつけれらるようにトレーニング

栄養について

良質な栄養が犬の健康につながり、質のいいうんちになります。子犬の行動は予想しやすく、安定してくるためトレーニングしやすくなります。子犬が順調に成長するために、十分にバランスの整った食事を与えるようにしてください。今日にお話が役立つことを願っています。