犬がリードを引っ張る理由を知れば簡単に治せる!引っ張り癖防止法

犬はなぜ散歩中にリードを引っ張ってしまうのか?

講師の森山敏彦先生です。わんちゃんのボイシーくんです。よろしくお願いします。今日は第1回目ということで、引っ張りの防止についてです。よく聞きますが、どうして引っ張ってしまうのでしょうか?単純な理由です。わんちゃんの方が足が早いからです。ですから、歩いていて人間よりも早くいってしまうわけです。先に行ってしまうと、リードがピンと張ってしまいます。そうすると、犬には抵抗反応というクセがありまして、一方方向から力が加わると、反対方向に力を出そうとするクセがあります。

わんちゃんの肩を少し押してみてください。そうすると、押し返してきます。結構強い力で押し返してきます。これが抵抗反応なのです。リードが引っ張られると、首に抵抗がかかります。人間は後ろから引っ張っている状態です。ですから犬はこの時、前に引っ張り返そうとします。同等以上の力で引っ張らないとバランスを崩してしまうからです。これが、引っ張りの原因です。

犬がリードを引っ張る原因は単純に人間より足が早いからです

犬がリードを引っ張る原因は単純に人間より足が早いからです

僕が聞いたことがあるのは、飼い主さんがナメられている、下に見られていると聞きました。そんなことはないです!単純に足が早いから、先に行ってしまうだけです。

犬の引っ張り癖を治すにはおもちゃ遊びで

まず、おもちゃを使います。わんちゃんはおもちゃが大好きです。どんなおもちゃかというと、コンブという物で、わんちゃんにとっては獲物なんです。獲物なので、毛が生えていて、フワフワしている「ぬいぐるみ」みたいな物がいいです。ボイシーくんはコンブというおもちゃが好きなので、これを使ってやっていきます。

この獲物は、ねずみのようにチョロチョロ動く感じで、動かしてあげます。そうすると、犬は動く物を追う習性がありますから、追っかけてきます。ガブッと噛み付いたところで、引張りっこの遊びをします。これは、犬の狩猟本能といい、くわえて振り回して、弱らせる行動で、わんちゃんは大好きな遊びです。それをちょっとやってみます。おもちゃを獲物が逃げるよう動かし、追わせます。くわえたら、左右に振って引張りっこします。こういう遊びをしてあげることによって、わんちゃんはこの遊びを好きになります。この好きになったおもちゃを使っていきます。
おもちゃに集中させながら、一緒に歩きます。ピッタリ真横を歩けたら、またおもちゃで遊んであげます。これが、ご褒美です。また左右に振って、遊んであげます。また、少し遊んだら、おもちゃに注目させながら、歩きます。おもちゃに釘付けです。上手に歩けたら、また遊んであげます。これを繰り返し行います

犬の引っ張り癖を治すのはおやつよりおもちゃが効果的です

犬の引っ張り癖を治すのはおやつよりおもちゃが効果的です

最初は気が散る場所ではなく、お家で練習します。お家の中でできるようになったら、公園など安全が確保されている所で練習をして、最終的にはいつものお散歩コースで遊びながら、やってみましょう。飼い主さんやおもちゃに集中して、歩いてくれるようになります。おもちゃは、ポケットに入れたり、ポーチの中に入れておいても、わんちゃんは覚えていますから手で持たなくても大丈夫です。

犬の引っ張り癖を治すには「おやつ」より「おもちゃ」が効果的

おやつで練習でもいいのですが、おやつはあげていくと無くなってしまうので、その時に言うこと聞かないとしょうがないです。おもちゃは無くならないです。他のわんちゃんや知らない人が来た時にも、ポケットなどからすぐに出せれば、気をひくことができます。おもちゃに注目してくれるので、とても便利です。あとは、呼び戻しをする時も、おやつだと見えないので、おもちゃならわんちゃんが反応しやすいです。呼び戻しの練習にもなります。とても勉強になりました。第1回目は引っ張りの防止についての授業でした。先生、ありがとうございました。