言葉の合図だけで愛犬が言うことを聞く!?オスワリのトレーニング

ハンドサインで座れるようにする

今回は「シット」、つまり愛犬に座ることをトレーニングしていきます。さて、シットの合図で座ることを愛犬に学習させる時、2つのステップでトレーニングしていきます。ステップ1はハンドサインで座るようにすること。ステップ2はハンドサインを活用し、言葉の合図で座るようにすることです。それでは早速ステップ1からトレーニングしてみましょう。

ステップ1前回の手を追うトレーニングの延長になります。まずは、手を追わせ、手を鼻先から上にあげます。愛犬がこの合図で座ったら「GOOD」と座ったタイミングで声をかけ、ご褒美を与えます。繰り返しやってみましょう。

オスワリのトレーニングハンドサインで座らせる

オスワリのトレーニングハンドサインで座らせる

手を追わせ、鼻先から手を上にあげ、お座りができたらGOODと言いご褒美を与えます。この時の手の動きは、毎回同じになるように注意してください。ご家族でトレーニングする場合、人によってハンドサイン違うと、犬がどのサインで座ったらいいのか混乱してしまいます。気をつけましょう。まずこのトレーニングを繰り返し行い、ハンドサインで座れるようにトレーニングしていきます。

シットの言葉で座れるようにする

ステップ2さて、ハンドサインを活用し言葉の合図で座れるようにしていきます。今回の座る合図は「シット」でやってみたいと思います。トレーニング方法はハンドサインを出す前に「シット」と言い、その後にハンドサインを出します。これを繰り返すことで、愛犬はシットのかけ声のあとに、座るハンドサインがでることを学習していくようなります。そうすることによって、言葉のシットの合図で座ることができようになります。

オスワリのトレーニングハンドサインで座れるようになるまで続けてトレーニング

オスワリのトレーニングハンドサインで座れるようになるまで続けてトレーニング

それではやってみましょう。まず、手を追わせ「シット」のあとにハンドサインをだします。お座りできたらGOODと言い、ご褒美を与えます。手を追わせて、シットのあとにハンドサイン。できたらご褒美、を繰り返します

「シット」の言葉だけでオスワリできる

オスワリのトレーニングハンドサインで座れるようになると言葉だけでできるようになる

オスワリのトレーニングハンドサインで座れるようになると言葉だけでできるようになる

繰り返しトレーニングしていくと、シットの時点でお座りするようになります。必ずできたらGOODと褒めて、ご褒美を与えましょう。繰り返し行うことで、シットの言葉だけで、ハンドサインの前に座れるようになっていきます。

上手にできましたか?このようにして、きちんとステップを踏んでトレーニングしていくと、愛犬は座るための合図をしっかり理解してくれます。決して焦らず、上手にいかない時には前のステップに戻りながらトレーニングしていきましょう。