オスワリやフセだけじゃない!?愛犬に「立って」も教えておくと便利

スタンド・ステイは愛犬のケアや絆を深める

今回はスタンドのトレーニングです。シットとダウンのトレーニングをしましたが、それにスタンドのトレーニングも追加していきたいと思います。更にお散歩のあとなど、愛犬の手足を拭く時には、スタンドとステイができると便利ですので、頑張ってトレーニングしていきたいと思います。

スタンドを教えておくと足のケアがしやすくなります

スタンドを教えておくと足のケアがしやすくなります

ハンドサインを教えましょう

ステップ1、ご褒美を手に握り、愛犬をシットで座らせ、この状態からハンドサインで愛犬の鼻先から自分の方に手を引きます。こうすることでスタンドの状態になります。立ち上がるタイミングで「GOOD」と褒め言葉をかけて、ご褒美を与えていきましょう。はじめは両手にご褒美を持ってやってもいいですが、徐々にハンドサインの手にはご褒美を持たずに、繰り返しトレーニングしていってください。

スタンドのトレーニング鼻先から手前に引き立たせます

スタンドのトレーニング鼻先から手前に引き立たせます

シットの状態からできるようになってきたら、今度はダウンで愛犬を伏せさせ、この状態から先程と同じように、ハンドサインを鼻先から手前に引き、立ち上がったタイミングにハンドサインと反対の手からご褒美を与えていきます

言葉の合図を教えましょう

ステップ2、ハンドサインで立ち上がれるようになってきたら、次はコマンドを教えていきます。やり方は「スタンド」と言ってから、ハンドサインをだしていきます。そうすることで、言葉とハンドサインが結びつき、徐々にスタンドの言葉だけでできるようになっていきます

スタンドのトレーニングハンドサインに言葉の合図をつけていく

スタンドのトレーニングハンドサインに言葉の合図をつけていく

まずはシットで座らせ、スタンドの声かけのあと、ハンドサインをだします。できたら、褒め言葉をかけ、反対の手からご褒美を与えます。もう一度、シット、スタンド、ハンドサイン、ご褒美という感じでやっていきます。言葉だけで、立ち上がれたらさくさん褒めてあげましょう。座った状態からできるようになってきたら、伏せた状態からもチャレンジしてみてください

スタンド・ステイに挑戦しよう

ステップ3、言葉の合図でできるようになったら、スタンド・ステイにもチャレンジしてみましょう。まずは愛犬をスタンドで立たせ、ステイのかけ声と同時にハンドサインをだしましょう。試しに3歩下がってみましょう。愛犬が動いてしまったら、「あーあ」と声をかけて、次は成功できるレベルに落としていきます。

スタンド・ステイのトレーニングハンドサインと言葉の合図をつける

スタンド・ステイのトレーニングハンドサインと言葉の合図をつける

次は2歩下がって、褒めてあげたいと思います。スタンド、ステイで2歩下がり、動かないでいられたら、褒め言葉をかけてご褒美を与えていきます。徐々に理解してきたら、愛犬のまわりを1周してみたり。おもちゃなどの誘惑物を投げてみたり、動かないでいられるようにトレーニングをしてみましょう。失敗した後には、必ず成功できるレベルまで落とす、それが成功のカギです

スタンド・ステイのトレーニング指示をランダムに出してやると理解度が増す

スタンド・ステイのトレーニング指示をランダムに出してやると理解度が増す

今回でシット、ダウン、スタンドができるようになりましたので、コマンドをランダムにかけるトレーニングにもチャレンジしてみてください。シットとダウンの2つのコマンドより、3つのコマンドでトレーニングした方が、愛犬の言葉に対する理解が更に深まりますのでやってみてください。